ビズリーチ(BizReach)

国内最大級ハイクラス人材データベース

ビズリーチ(BizReach)
キャリアトレック(careertrek)

ビズリーチ(BizReach) 媒体データ・媒体概要

掲載開始日:
媒体種類:Web
エリア:全国
雇用形態:正社員
運営会社:株式会社ビズリーチ

ビズリーチ(BizReach) 特徴・特色

ダイレクト・リクルーティングとは「出会いたい人と、出会う手法」
本当に良い人材を採用できているか、今一度見直してみませんか?
企業は人の集合体。強い企業をつくるために
企業における大切な資源として、「ヒト・モノ・カネ」の3つが挙げられます。
なかでも自社の経営戦略に合う有能な「ヒト」を適切に採用・配置し、能力を最大限に引き出すことが、企業の成功のカギを握っていると言っても過言ではありません。
大切なのは、求める人材と出会うチャンスを増やすこと
人材採用において大切なのは、できるだけ多様な「人材獲得源」にアクセスし、採用の可能性を広げること。
そして、他社に採用が決まる前に口説くチャンスを得ることです。その活用として最も優れているのが、ダイレクト・リクルーティング。
応募や紹介を待つのではなく、思い立ったその瞬間に自らが「人材データベース」にアクセスして、求める人材を探し、アプローチをかける。
人材紹介会社や求人広告“だけ”に頼らない採用手法です。
採用したい人と出会えていますか?
人材採用を行うとき、手法として用いられるのは求人メディアへの広告掲載や、人材紹介会社の利用が一般的です。
しかし、求人広告で集めた候補者から、本当に求めている人材と出会うのは至難の業。
人材紹介会社に依頼した場合でも、欲しいと思う人材を紹介されているとは限りません。
会う機会さえあれば口説けていた人材でも、そのチャンスが無ければ、採用する可能性は限りなく低くなってしまうのです。
ダイレクト・リクルーティングで、本当に欲しい人
応募してくれるのを待ち、紹介されるのを待っているだけでは、優秀な人材はなかなか訪れません。
求めているキャリアやポテンシャルを持つ人材を本気で採用しようと考えたら、「攻める」姿勢の採用手法を選択することがとても重要です。
ぜひ、最適で有能な人材と出会う手法としてダイレクト・リクルーティングを取り入れ、本当に欲しい人材を獲得してください。
ビズリーチダイレクトとは?
ダイレクト・リクルーティングを実現するためのビズリーチ独自の採用システムです
ヘッドハンターや人材紹介会社に公開していた、国内最大級のハイクラス人材(経営幹部・管理職・専門職)データベースをご活用いただけます。
登録者数12万人以上のハイクラス人材から貴社の求めるスキルや経験を持つ人材を“直接”検索し、スピーディーにスカウトする「ダイレクト・リクルーティング」が可能です。
特徴1.ハイクラス限定
経営幹部・管理職・専門職など、リーダー・次世代リーダーを中心とした国内最大級のハイクラス人材データベースです。
特徴2.求職者課金
「有料の会員制サービス」のため、意識・意欲の高い求職者にご利用いただいております。
特徴3.求職者審査
審査部門で求職者の審査を行っており、通過された方のみが登録しています。
ハイクラス会員
年収750万円以上かつ弊社独自の審査基準を満たす会員
経営幹部・管理職・専門職などのハイクラス人材
ジュニア会員
年収500万〜750万円未満かつ39歳以下の優秀層で弊社独自のジュニア会員審査基準を満たす会員
若手の幹部候補・スペシャリストなど
タレント会員
年収750万円未満でジュニア会員基準を満たさないものの
弊社独自のタレント会員審査基準を満たす会員
第二新卒・年収の低い業種の管理職・専門職人材など
求職者へのアプローチ方法は3つ。採用計画により使い分け可能です。
●求人掲載
求職者からの自発的な応募
幅広い母集団に告知可能
貴社への転職意欲が高い
求人情報を掲載することにより求職者からの自発的な応募を受け付けます。
●求人案内メール
効果的な⺟集団形成
ピックアップした母集団に告知することが可能
募集条件に合致する方へ求人情報をメールの形でお届けし応募を促進します。
●プラチナスカウト
求めている人材に面接確約のスカウトを送信
面接前提のため候補者への訴求度合いが高い
候補者の経歴を確認したあと、面接したいと思う候補者だけに送ることができる特別なメールです。

ビズリーチ(BizReach) 広告種類・掲載料金表

お気軽にお問い合わせください。

ビズリーチ(BizReach)の求人広告掲載のお申し込み、お問い合わせ、お見積もりは、お気軽にご連絡下さい。
また、WEB上では公開できないプランも多数ございます。ご相談なども大歓迎です。
お電話でのお問合せ

カテゴリー: 中途求人広告媒体   パーマリンク

コメントは受け付けていません。